観葉植物の育て方

観葉植物と言っても様々な種類がありひとくくりにするのは間違いかもしれませんが、全てに共通する部分は多いと思っていますので、ここではその「共通する部分」をお伝えしたいと思います。

観葉植物の育て方

  1. 観葉植物は直射日光を避けた出来るだけ明るい場所で育てましょう。薄明るい場所でも枯れることはないが、ひょろっとした印象に育ってしまいます。
  2. 植物は蒸れに弱いので風通りのいい空気の動く場所に置くのが理想です。
  3. 葉に溜まったホコリは定期的に「はたき」等ではたき落としましょう。見た目もそうですが、室内の少ない光量でもしっかり光合成出来るようにしてあげます。

 

観葉植物のお水やりの仕方

  • 鉢のサイズによってお水やりのタイミングは変わってきます。
  • だいたい、20cmくらいまでの鉢で週に1回、それ以上のサイズは2週に1回~3週間に1回程度と鉢のサイズ・入ってる土の量に応じて変化します。(冬は、半分まで減らす)
  • まず水やりする前に土がしっかり乾いているか確認して下さい。指で第一関節くらいまでほじってみると分かりやすいです。20cmくらいまでの小さな鉢なら両手で持ち上げてみると「軽さ」で分かりやすいかもしれません。
  • 乾いている事が確認で来たら、先の細いジョウロでゆっくりと回し掛けます。この時ザーッと入れずにゆっくり浸透する様子を確認しながらあげると土全体にしっかりと水が行き渡りますよ。
  • 1回の水の量は下から出るまでで無くてもオッケー。その時は鉢に入ってる土の約3分の1弱の水量をゆっくりあげます。

 

 

お水やりのタイミングは植物の「種類」や「置き場所」によっても随分変わってくるものです。

また鉢に植えられた観葉植物にとって、

風通しの良さ」は最も重要な点で、見落としがちな点でもあります。

十分考慮して育ててあげたいですね。

 

お手持ちの「観葉植物」の植え替え・仕立て直しについて

 

  • 鉢に植えられた観葉植物は、最高3年をめどにお植え替えをご検討ください。当店まで植物をお持ちいただければお植替えいたします。
  • 以下のような場合、ワークスペースを開放しています。
  1. ご自分で観葉植物の鉢を植え替えたい。
  2. ご自分で樹形を仕立て直したい。

など、ご自分で手直し・植え替えをする場合も当店の材料・機材を使用して作業していただけます。お気軽にご相談ください。

 

随時追記します。

まとめに戻る