interview

土壌や生き物へのやさしさと愛情にあふれる北条社長(SHED GARDEN株式会社)

 

今回は、SHED GARDEN株式会社の社長である北条様にインタビューに答えて頂きました。

 

SHED GARDEN 株式会社
「オーガニックで庭を育てる」を理念とし、庭園施設等での造園事業、植栽管理及び造園工事の企画を行う。兵庫県西宮市で、 ”little chouchou” というガーデニング雑貨等を扱う店舗を展開。


ーそれでは北条社長、よろしくお願いします。

ーまず初めに、現在どのような事業をされているのですか。

主に、造園事業や、ガーデニング雑貨等を扱う店舗の経営を行っています。

ー起業しようと思った理由は何ですか。

元々同業種の会社で働いていたのですが、もっとお客様に対して丁寧に向き合いたいと思いました。そして農薬の恐ろしさを知っているからこそ、大好きな自然に大量の農薬を使うことに抵抗が出てきました。土壌や、生き物に優しい会社をつくりたいと思っています。

ー起業って勇気が要ることだと思いますが、決断されたキッカケは何かありますか。

19、20歳ぐらいの時から起業に憧れはありました。尊敬する人に「後3年頑張って、親方になれ」と言われた時に起業することを決めました。ですが、その後も少しフラフラして色々な仕事をしてきたのですが、どうもしっくりくるものがなかったんです。もともと植木に興味は無かったものの、初めて造園業のハサミを持ったときに「コレだ!!!」と思いました。今では芝生の駆りたての匂いが大好きなんです。それ以来、どれだけ周囲の反対があったとしても、起業の意思は変わりませんでした。

ー実際に起業されて、大変だったことや心に残っていることはありますか。

大変だったことは、従業員に関してです。皆で同じ方向(目標)を向いて働いてもらうという点に関しては苦労し、今でも苦労しています。逆に、同じ思いを共有していける人の存在が、1番の喜びです。庭のメンテナンスをさせて頂いているお客様で、草花が好きな方がいらっしゃるのですが、その方と季節を感じる話から次はこうしたいというお話が出来たときは嬉しいですね。今後も、自然派志向を共有出来る人との出逢いは大切にしたいです。

ー働く上で、大切にしていることは何ですか。

「お客様中心」を心掛けています。1人1人と丁寧に向き合い、会話の中でお客様に合ったものを提供することを大切にしています。

ー最後に、今後の目標や夢を教えてください。

オーガニックをもっと広めていきたいです。オーガニックによって土壌を回復させることで、草花や芝生が生き生き育つ環境をもっと多くの方に提供していきたい。現在西宮市でガーデニング雑貨等を扱うお店 ”little chouchou” を経営しているので、そのお店をどんどん大きくしていきたいと思っています。倉庫のような場所で、多くの緑がある植物園のような場をつくることによって、自分がいま普及させていきたいオーガニックで庭を育てる「オーガニックガーデニング」を知ってもらいたいです。その横には、オーガニック食材を扱う飲食店を開き、人々がオーガニックな緑と食に寄り添いながら心が安らげる場所をつくりあげたいと思っています。

 

garden zakka little chouchou
西宮市山口町上山口3丁目22-40 1階
https://little-chouchou.business.site/

<おまけ>お部屋で植物を育てたいのですが、おススメを教えてください♪

ハーブはどうでしょうか。初心者で育てやすいものであれば、レモンバームやミントがおすすめです。ハーブティーにすると美味しいですよ。

土壌や生き物へのやさしさと愛情に溢れる北条社長

生活しているとつい自分のことで精一杯になってしまいますが、自然や生き物のことまで考えておられる姿は素晴らしいと感じます。世間でいう社長のギラギラしたイメージとは裏腹に、人や自然を思うオーガニックの優しいイメージそのものです。北条社長の優しいお人柄に、お話ししているこちらが癒されてしまいました。ありがとうございました。

聞き手:松浦聖子